女性には「タイムリミット」がある事実

とある番組の中で「女性はタイムリミットがある」とマツコ・デラックスさんがおっしゃっていました。

これは性差別ではなく、「もし子どもが欲しいと思うならば」ということです。

子どもが欲しい男性は世の中に多く、婚活をしている男性には「家庭を築きたい」という願望の中に「子どもが欲しい」という希望がある方もたくさんいることでしょう。

今は晩婚傾向にありますが、価値観ということにおいては「それもいいのではないか」と思います。

しかし「赤ちゃんが生みたい」となれば、この「タイムリミット」が必ず関わってきます。

確かに医学も発達しましたから、昔ならば無理だった出産でも可能になっているでしょう。

それでも母体への負担と赤ちゃんの健康のことを思えば、やはりリスクが高くなると考えられます。

出来る限りベストな形で生んであげたいと思うものですし、母体も健康であってもらいたい。

出産のリスクは個人差があり、一概に年齢では語れないと言われてはいます。

しかし一般的には33歳から徐々に妊娠力は低下し始め、35歳から高年齢出産、そして37歳から急激に妊娠力は落ちるということです。

また35歳からは先天性異常の発症率が高くなるのも事実です。

若い女性を希望する男性を、「年齢で女を見ている」と、責めるわけにもいかないのです。

何かを諦める

思いとは裏腹にこの肉体的なタイムリミットがあるのは、抗いようのない事実です。

子どもが欲しいという願いがある女性や、男性に対しての広い選択肢がほしいと願う女性であれば、婚活は早めに行うべき。

20代後半までに結婚をするのが、一番いいのではないでしょうか。

結婚してからもしばらくは、二人の時間もたっぷり持てると思います。

この「二人の楽しかった時間」というのは「幸せ貯金」ですから、家族ともなれば何かしら困難にぶつかるものですが、その時にこの「幸せ貯金」を引き出しながら乗り越えてゆくものです。

35歳を過ぎた女性は、「出産」を諦めなければならないこともあるでしょう。

そうであれば「子ども」を望む男性とは、ご縁を結ぶのは難しいかもしれません。

「諦めるべき」は「広い選択肢」です。

選択肢が狭まってしまったことを、しっかりと受け入れるということです。

それでもなおかつ「恋愛」は、それを越えることもあります。